繰り上げ返済シュミレーション

住宅ローン繰り上げ返済シュミレーション!【効果はどうなの?】

シミュレート
今回は、住宅ローンのシュミレーションに関して、繰上げ返済の返済方式について検討してみたいと思います。

 

繰上げ返済とは、月々の住宅ローンの支払い以外に、住宅ローンの一部または全部を返済することを指します。

 

月々の返済には、元金分と利子分が含まれていますが、繰上げ返済を行った場合にはその金額だけ元金を減らすことができます。

 

元金が減ると、繰上げ返済後の返済方法が以前とは変わってきます。繰上げ返済には、繰上げ返済後の返済方式に2種類のタイプがあります。

 

一つは、返済額軽減型と呼ばれ、残りの返済期間は変更せずに、元金が減った分に見合うように月々の返済額を軽減します。

 

もうひとつは、返済期間短縮形で、繰上げ返済後も月々の返済額は変えずに支払いを続けます。すると繰上げ返済によって元金が減った分、返済を早く終えることができます。

 

それでは、繰上げ返済により、どのような効果が得られるか、シュミレーションで確認してみたいと思います。

 

モデルケースとして、元金3000万円の住宅ローンを組むと仮定します。元利均等返済方式でボーナス併用はなく、35年間の長期固定金利(金利3%)とします。

 

繰上げ返済は返済開始から10年後に1回だけ100万円を返済するものとします。

 

繰上げ返済を行なわなかった場合、繰上げ返済を行なって、その後の返済方法を返済期間短縮型とした場合と、返済額軽減型とした場合の支払額をシュミレーションしてみます。

 

下表に、シュミレーション結果を示します。繰上げ返済無しの場合、月々の返済額は11万5455円で、35年のトータルで4849万円程度の総支払額になります。

 

まず、返済額軽減型の繰上げ返済を行った場合、月々の支払額は11万713円に軽減されます。

 

軽減額は月々4700円程度です。繰上げ返済の100万円を加えたトータルの支払額は、繰上げ返済を行なわなかった場合に比べ42万円程度軽減されることになります。

 

今度は、返済期間短縮形についてみてみます。月々の支払額は繰上げ返済後も変わりませんが、返済期間が1年5ヶ月短縮されます。

 

トータルの支払額は繰上げ返済無しに比べ107万円程度軽減されます。

 

期間短縮型の繰上げ返済は、繰上げ返済によって元金が減る効果と、残りの元金の支払い期間が短くなり利子が軽減される効果の2つの効果があり、返済額軽減型に比べて、より効率的に総支払額を減らすことができます。

 

 

表 繰上げ返済方式の違いよる返済額のシュミレーション
表

 

シュミレーションで選んだ住宅ローンランキング!【2017年7月改訂】


HOME 金利シュミレーション 繰り上げ返済! 諸費用シュミレーション おすすめ銀行!