住宅ローン返済シュミレーション

元利均等返済と元金均等返済シュミレーション!【メリットを分析】

ファミリー
今回は、住宅ローンのシュミレーションに関して、元利均等返済と元金均等返済について考えてみたいと思います。

 

住宅ローンでは、元金を返済するとともに、利子を加えて返済します。つまり、月々の返済額は、元金の返済分と利子分の合計額になっています。

 

元金と利子の返済方法については、元金均等返済方式と元利均等返済方式という2種類の返済方式があります。

 

具体的には、どのような違いがあるのでしょうか? 

 

シュミレーションしてみたいと思います。モデルケースとして、元金3000万円の住宅ローンを組むと仮定します。金利3%の30年間の長期固定金利として、ボーナス月の支払額加算はないものとします。

 

表1および表2に元利均等返済方式と元金均等返済方式の返済状況を比較して示します。

 

 

表1 返済シュミレーション(元金均等返済の場合)
表

 

 

表2 返済シュミレーション(元利均等返済の場合)
表

 

元金均等返済では、毎月返済する元金が8万3333円で同じです。この点が元金均等と呼ばれる所以です。

 

利息について見ると、返済当初はローン残高が多いので利息が多く、返済が進むに従って支払う利息が減少していきます。

 

月々の返済金額は元金分と利息分を加えたものですから、ローン返済当初の返済金額が多く、返済が進むとともに返済金額が減っていきます。

 

 

一方、元利均等返済では、月々の返済額が12万6481円と一定になっています。

 

月々の返済額は元金分と利息分を加えたものですから、元金分と利息分の合計が一定ということになります。

 

この点が元利均等と呼ばれる所以です。返済が進むと共に、返済額に含まれている利息分が減り、元金分が増えていきます。

 

元金均等返済と元利均等返済を比較すると、当初の元金の減り方が元金均等返済のほうが早いため、トータルの支払額は元金均等返済のほうが少なくなります。

 

上記の例では、200万円程度の差がついています。しかし、元金均等返済ではローン返済当初の支払い額が大きくなっています。
ローン返済当初は返済者の年齢も若くローン返済が苦しくなりやすいというデメリットが考えられます。

シュミレーションで選んだ住宅ローンランキング!【2017年11月改訂】


住宅ローンシュミレーションTOP 金利シュミレーション 繰り上げ返済! 諸費用シュミレーション おすすめ銀行!